]ÎsccROY

議会報告 Archive

  •  議会最終日に提案された江津市議会基本条例に反対しました。反対討論内容は以下、 ①条例とするべき内容ではない。基本的に条例というのは、「住民の権利・自由に対する制限を定めるもの」であり、それ以外のものは条例という形で定めるべきではない。 ②憲法違反や、地方自治法との関係で疑義のある条文が多々ある。内容が、議会、議員の努力義務を規定するものであるために、文言が抽象的である。 ③議会基本条例が市民の一人一人の声にこたえようとするものであるなら、条例化する前にパブリックコメントを求めることが必要と思われる。こういった手続きを踏まえずに任期切れ直前に議決していくのは、新たな議員ならず市民に対しても不誠実な態度であり、江津市議会がめざす議会とは相反するものである。 (1)条例によって定めることについて疑問がある。  ア 「条例」(憲法94条等)という法形式で制定することには疑問がある。  そもそも、法律学の概念において、人民の人権、権利ないし自由を制限する法規範を狭義の意味での「法規」という。地方議会は、条例制定権を有するが、これは、条例が地方住民の人権、権利ないし自由を制限する性質を有する(法規性を有する)ことから、これを地方住民の代表者である議会による民主的コントロールの元におくためである。国政において、国会が国民の代表者として国民の人権、権利ないし自由を制限する「法律」を制定する権利を有することと同じである。裏を返せば、地方住民の人権、権利ないし自由を制限する性質を有することのない単なるルールについては、これをあえて条例という法形式で制定する必要は無いことことになる。つまり、国民や住民の人権、権利ないし自由を制限するルールのみを、法律や条例で定めるべきということになるが、この江津市議会基本条例案は、この「国民や住民の権利ないし自由を制限する」性質を持たない条項がほとんどであるから、条例で定めることに疑問がある。具体的に条例案についてみると、第1条において目的として「議会及び議員の活動に関する基本事項を定める」とされているとおり、全体を通して概ね議会における審議のあり方や議員の努力義務等について定めたものが多く、総体として法規性があるようなルールとはなっていない。本来、条例とすべきものでないものを条例の形式で制定すること自体、疑問である。従って、条例案については、「条例」として定めるべきではない。  イ 平成22年3月19日 江津市議会及び江津市議会議員の活動における基本的事項に関する決議で同様の目的が達成されている。  すでに、江津市議会及び江津市議会議員の活動における基本的事項に関する決議で同様の目的が定められており、本条例の目的とするところは、条例ではなく、まさに決議等で定めるべきである。すでにある決議を修正ないし補完するものとして成立させるにとどめるべきである。 (2)個別の条文について、憲法違反の可能性ないし憲法との関連で疑義のある条項があるために、修正が必要である。  ア 条例案第12条について  条例案第12条は、「委員会において審査し結論を出す場合、」「議員間相互の議論を尽くして合意形成に努めるものとする。」と規定する。憲法19条は、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」と規定している。この趣旨は、個人の内面的な精神的自由を保障することにあるが、そもそも個人の内面的な精神的自由こそ、信教の自由、表現の自由及び学問の自由といった各精神的自由権の前提となるものであり、また、自由な議論を前提とする民主主義に基づく統治の前提となるものである。  そのため、まさに国民、地域住民の代表者として現実に民主制による統治の役割を担っている市議会議員については、政治に関する思想及び良心の自由は高度に保障されなくてはならず、委員会で審議の対象とされる議題について他の議員の政治信条と自らの政治信条とが異なる場合に、自らの政治信条を曲げてまで合意の形成に努める義務はないというべきである。そして、憲法99条は、憲法尊重擁護義務を規定しているが、地方議会及びその議員が憲法尊重擁護義務を負うことはいうまでもないことである。よって、条例案第12条は、議員に対し自らの政治思想と異なる妥協を強いることになる点で、 憲法19条に違反する可能性が高いといわざるを得ない。  イ 条例案第13条について  条例案第13条において「議会としての共通認識の醸成に努めるため」、議員懇談会を開催すると規定されている。議会としての共通認識の醸成=「共通認識を持つこと」となる恐れもあり、これは、条例案第12条と同様、憲法19条に抵触する恐れがある。  ウ 条例案第8条について   憲法21条の表現の自由により、議員は審議において、不適切なものでない限り、発言の自由が保障されなければならない。なぜなら、表現の自由は活発な討論に不可欠なものであるし、また、民主制を支える精神的自由の根幹をなすものだからである。ところが、議会が「市長等との立場及び権能の違いを踏まえ」と規定してしまうと、それが議員の発言に対する精神的自縛となり、議員の発言に対する他の議員ないし長からの干渉となる恐れがある。本条項は憲法21条に照らして適切なものとは思われない。また、条例案第8条は「議会は、市長等との立場及び権能の違いを踏まえ、常に『緊張ある関係』を構築しなければならない」とするが、文言が抽象的であって、具体的にどのような関係を求めるものか不明である。文言が抽象的であると、事前の予測が不可能となり、発言に対する強い抑制となってしまう。そのため、表現の自由を定める憲法21条に反する恐れがある (3)地方自治法などの上位規範や江津市の他の条例に規定がある為に、規定の必要性について疑義がある条文がある。...

    江津市議会基本条例に反対した理由

     議会最終日に提案された江津市議会基本条例に反対しました。反対討論内容は以下、 ①条例とするべき内容ではない。基本的に条例というのは、「住民の権利・自由に対する制限を定めるもの」であり、それ以外のものは条例という形で定めるべきではない。 ②憲法違反や、地方自治法との関係で疑義のある条文が多々ある。内容が、議会、議員の努力義務を規定するものであるために、文言が抽象的である。 ③議会基本条例が市民の一人一人の声にこたえようとするものであるなら、条例化する前にパブリックコメントを求めることが必要と思われる。こういった手続きを踏まえずに任期切れ直前に議決していくのは、新たな議員ならず市民に対しても不誠実な態度であり、江津市議会がめざす議会とは相反するものである。 (1)条例によって定めることについて疑問がある。  ア 「条例」(憲法94条等)という法形式で制定することには疑問がある。  そもそも、法律学の概念において、人民の人権、権利ないし自由を制限する法規範を狭義の意味での「法規」という。地方議会は、条例制定権を有するが、これは、条例が地方住民の人権、権利ないし自由を制限する性質を有する(法規性を有する)ことから、これを地方住民の代表者である議会による民主的コントロールの元におくためである。国政において、国会が国民の代表者として国民の人権、権利ないし自由を制限する「法律」を制定する権利を有することと同じである。裏を返せば、地方住民の人権、権利ないし自由を制限する性質を有することのない単なるルールについては、これをあえて条例という法形式で制定する必要は無いことことになる。つまり、国民や住民の人権、権利ないし自由を制限するルールのみを、法律や条例で定めるべきということになるが、この江津市議会基本条例案は、この「国民や住民の権利ないし自由を制限する」性質を持たない条項がほとんどであるから、条例で定めることに疑問がある。具体的に条例案についてみると、第1条において目的として「議会及び議員の活動に関する基本事項を定める」とされているとおり、全体を通して概ね議会における審議のあり方や議員の努力義務等について定めたものが多く、総体として法規性があるようなルールとはなっていない。本来、条例とすべきものでないものを条例の形式で制定すること自体、疑問である。従って、条例案については、「条例」として定めるべきではない。  イ 平成22年3月19日 江津市議会及び江津市議会議員の活動における基本的事項に関する決議で同様の目的が達成されている。  すでに、江津市議会及び江津市議会議員の活動における基本的事項に関する決議で同様の目的が定められており、本条例の目的とするところは、条例ではなく、まさに決議等で定めるべきである。すでにある決議を修正ないし補完するものとして成立させるにとどめるべきである。 (2)個別の条文について、憲法違反の可能性ないし憲法との関連で疑義のある条項があるために、修正が必要である。  ア 条例案第12条について  条例案第12条は、「委員会において審査し結論を出す場合、」「議員間相互の議論を尽くして合意形成に努めるものとする。」と規定する。憲法19条は、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」と規定している。この趣旨は、個人の内面的な精神的自由を保障することにあるが、そもそも個人の内面的な精神的自由こそ、信教の自由、表現の自由及び学問の自由といった各精神的自由権の前提となるものであり、また、自由な議論を前提とする民主主義に基づく統治の前提となるものである。  そのため、まさに国民、地域住民の代表者として現実に民主制による統治の役割を担っている市議会議員については、政治に関する思想及び良心の自由は高度に保障されなくてはならず、委員会で審議の対象とされる議題について他の議員の政治信条と自らの政治信条とが異なる場合に、自らの政治信条を曲げてまで合意の形成に努める義務はないというべきである。そして、憲法99条は、憲法尊重擁護義務を規定しているが、地方議会及びその議員が憲法尊重擁護義務を負うことはいうまでもないことである。よって、条例案第12条は、議員に対し自らの政治思想と異なる妥協を強いることになる点で、 憲法19条に違反する可能性が高いといわざるを得ない。  イ 条例案第13条について  条例案第13条において「議会としての共通認識の醸成に努めるため」、議員懇談会を開催すると規定されている。議会としての共通認識の醸成=「共通認識を持つこと」となる恐れもあり、これは、条例案第12条と同様、憲法19条に抵触する恐れがある。  ウ 条例案第8条について   憲法21条の表現の自由により、議員は審議において、不適切なものでない限り、発言の自由が保障されなければならない。なぜなら、表現の自由は活発な討論に不可欠なものであるし、また、民主制を支える精神的自由の根幹をなすものだからである。ところが、議会が「市長等との立場及び権能の違いを踏まえ」と規定してしまうと、それが議員の発言に対する精神的自縛となり、議員の発言に対する他の議員ないし長からの干渉となる恐れがある。本条項は憲法21条に照らして適切なものとは思われない。また、条例案第8条は「議会は、市長等との立場及び権能の違いを踏まえ、常に『緊張ある関係』を構築しなければならない」とするが、文言が抽象的であって、具体的にどのような関係を求めるものか不明である。文言が抽象的であると、事前の予測が不可能となり、発言に対する強い抑制となってしまう。そのため、表現の自由を定める憲法21条に反する恐れがある (3)地方自治法などの上位規範や江津市の他の条例に規定がある為に、規定の必要性について疑義がある条文がある。...

    Continue Reading...

  •  午前中、江津幼稚園卒園式が行われ3男が卒園しました。これで3男だけでなく、長男から続いていた幼稚園ともお別れになり、私も少々さびしい気持ちになりました。  午後、議会最終日。  議会終了後に、今年度市を退職される職員さんのあいさつがありました。これまでの経験を生かして故郷にこれからも尽力していただけると期待しています。 →資料 議会最終日

    議会最終日

     午前中、江津幼稚園卒園式が行われ3男が卒園しました。これで3男だけでなく、長男から続いていた幼稚園ともお別れになり、私も少々さびしい気持ちになりました。  午後、議会最終日。  議会終了後に、今年度市を退職される職員さんのあいさつがありました。これまでの経験を生かして故郷にこれからも尽力していただけると期待しています。 →資料 議会最終日

    Continue Reading...

  • 情報交換会の議題は以下の通り。特に3の公共施設・・・が関心をもってほしいところです。   1.江津市議会基本条例の制定について(資料) (江津市議会)   2.平成27年度重点要望事項について(資料) (政策企画課)   3.公共施設のあり方検討に関する今後の取り組みについて(資料) (政策企画課)   4.石見智翠館高等学校耐震補強工事について(資料) ( 総務課)   5.平成24年度財務書類4表について(資料) ( 財政課)   6.平成26年4月1日機構改革について(資料) ( 人事課)   7.「平成25年8月23日から25日にかけての8月豪雨による災害」に係る市県民税及び固定資産税の減免状況について(資料) ( 税務課)   8.公衆浴場の今後の運営見直しについて(資料)...

    情報交換会

    情報交換会の議題は以下の通り。特に3の公共施設・・・が関心をもってほしいところです。   1.江津市議会基本条例の制定について(資料) (江津市議会)   2.平成27年度重点要望事項について(資料) (政策企画課)   3.公共施設のあり方検討に関する今後の取り組みについて(資料) (政策企画課)   4.石見智翠館高等学校耐震補強工事について(資料) ( 総務課)   5.平成24年度財務書類4表について(資料) ( 財政課)   6.平成26年4月1日機構改革について(資料) ( 人事課)   7.「平成25年8月23日から25日にかけての8月豪雨による災害」に係る市県民税及び固定資産税の減免状況について(資料) ( 税務課)   8.公衆浴場の今後の運営見直しについて(資料)...

    Continue Reading...

  •  予算委員会2日目は、平成26年度 一般会計・特別会計・水道事業会計、平成25年度 一般会計・特別会計・水道事業会計補正予算の審議が行われました。   →資料 予算委員会②   →平成26年度当初予算 予算のあらまし及び主要事業の概要   →平成26年度 江津市水道事業会計予算概要書   →平成25年度 3月補正予算   →平成25年度水道事業会計補正予算(第5号)概要書  私からの主な質疑は以下、   ・施設を業務委託・指定管理先の修繕料増について   ・障がい福祉サービス事業(サービス利用計画作成事業)   ・子供まつり等業務委託料   ・母子健康診査等事業   ・有害鳥獣被害対策事業   ・緊急雇用創出事業委託料   ・教育文化財団事務局運営費   ・債権管理

    予算委員会②

     予算委員会2日目は、平成26年度 一般会計・特別会計・水道事業会計、平成25年度 一般会計・特別会計・水道事業会計補正予算の審議が行われました。   →資料 予算委員会②   →平成26年度当初予算 予算のあらまし及び主要事業の概要   →平成26年度 江津市水道事業会計予算概要書   →平成25年度 3月補正予算   →平成25年度水道事業会計補正予算(第5号)概要書  私からの主な質疑は以下、   ・施設を業務委託・指定管理先の修繕料増について   ・障がい福祉サービス事業(サービス利用計画作成事業)   ・子供まつり等業務委託料   ・母子健康診査等事業   ・有害鳥獣被害対策事業   ・緊急雇用創出事業委託料   ・教育文化財団事務局運営費   ・債権管理

    Continue Reading...

  • 予算委員会初日は、現地視察・決算要望事項から平成26年度一般会計の審査へ →資料 予算委員会①

    予算委員会①

    予算委員会初日は、現地視察・決算要望事項から平成26年度一般会計の審査へ →資料 予算委員会①

    Continue Reading...

  •  午前中、青陵中学校卒業式。はなむけの言葉として「夢」と「感謝」を胸に84名が卒業していきました。  午後、建設厚生委員会では4月に供用開始する桜江日和線を現地調査 →資料 「建設厚生委員会 平成26年3月12日」

    建設厚生委員会

     午前中、青陵中学校卒業式。はなむけの言葉として「夢」と「感謝」を胸に84名が卒業していきました。  午後、建設厚生委員会では4月に供用開始する桜江日和線を現地調査 →資料 「建設厚生委員会 平成26年3月12日」

    Continue Reading...

  •  朝、津宮小学校であいさつ運動。雪が降ってきたー    議会一般質問2日目。気になった点は、 ・庁舎の設計図等が、設計した早稲田大学研究室の協力でありそうだということで、現在の技術での耐震診断の可能性が出てきた。 ・旧有福村有財産管理組合について平成26年度中に、浜田地区広域行政組合議会に移管していくか、浜田市が現在の持ち分を放棄するか、検討していくとのこと。

    あいさつ運動初日

     朝、津宮小学校であいさつ運動。雪が降ってきたー    議会一般質問2日目。気になった点は、 ・庁舎の設計図等が、設計した早稲田大学研究室の協力でありそうだということで、現在の技術での耐震診断の可能性が出てきた。 ・旧有福村有財産管理組合について平成26年度中に、浜田地区広域行政組合議会に移管していくか、浜田市が現在の持ち分を放棄するか、検討していくとのこと。

    Continue Reading...

  •  議会2日目は、最初に陳情書と平成25年度補正予算の提案。 →平成25年度補正予算  この後一般質問。私は3番目で「観光~交流人口~」について質問しました。なにはともあれ終わりました(^-^;

    議会2日目

     議会2日目は、最初に陳情書と平成25年度補正予算の提案。 →平成25年度補正予算  この後一般質問。私は3番目で「観光~交流人口~」について質問しました。なにはともあれ終わりました(^-^;

    Continue Reading...

  •  議員懇談会では、来週行われる予算委員会と建設厚生委員会での現地視察と資料要求等の協議。  私からは、平成26年度当初予算での「障がい福祉サービス事業費」と、「市が委託管理している施設での修繕費が増加しているその内訳」の説明を求めておきました。

    議員懇談会

     議員懇談会では、来週行われる予算委員会と建設厚生委員会での現地視察と資料要求等の協議。  私からは、平成26年度当初予算での「障がい福祉サービス事業費」と、「市が委託管理している施設での修繕費が増加しているその内訳」の説明を求めておきました。

    Continue Reading...

  •  今朝、一般質問の発言通告書を議会事務局に提出。  午後、議会運営委員会に代理で出席し、議題は一般質問についてでした。本議会では9人が質問します。  私は3月7日㈮午後1時からで、「観光について、~交流人口を増やす取り組みについて~」を取り上げます。任期最後の質問になります。  →市議会旬報1896

    発言通告書

     今朝、一般質問の発言通告書を議会事務局に提出。  午後、議会運営委員会に代理で出席し、議題は一般質問についてでした。本議会では9人が質問します。  私は3月7日㈮午後1時からで、「観光について、~交流人口を増やす取り組みについて~」を取り上げます。任期最後の質問になります。  →市議会旬報1896

    Continue Reading...